回復室(読み)かいふくしつ(英語表記)recovery room

翻訳|recovery room

世界大百科事典 第2版の解説

かいふくしつ【回復室 recovery room】

手術直後の患者は麻酔からの覚醒が不十分であり,呼吸循環状態が不安定であるため,一般病棟に戻る前に注意深い監視が必要な時期がある。手術室に併設され,術直後の患者を収容し,集中的に管理する施設を回復室と呼ぶ。麻酔からの回復期にある患者を収容するので回復室と呼ばれている。回復室は通常,麻酔科医が管理運営し,術直後患者の管理になれた看護婦,技能員を配置する。各種監視装置を設置し,呼吸,循環,中枢神経機能を一定間隔で測定記録する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

回復室の関連情報