回状・廻状(読み)かいじょう

大辞林 第三版の解説

かいじょう【回状・廻状】

二人以上を宛名人とし、回覧にする文書。「所廻如件」で終わり、年月日を書き、最後は差出人の所へ戻る。まわしぶみ。めぐらしぶみ。回文。回章。回書。
江戸時代に、領主が年貢の取り立てや夫役などの用件を通達するために村々へまわした書状。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐じょう クヮイジャウ【回状・廻状】

〘名〙
※東寺百合文書‐ち・永享九年(1437)四月四日・二十一口方評定引付「去年三月廿一日灌頂院御影供廻状、仏土院被載了」
② ある事柄を知らせるため、必要な所に配布される書状や書類。
※俳諧・談林十百韻(1675)上「公儀の御たづね二千里の月〈志計〉 廻状に初雁金のあととめて〈卜尺〉」
③ 特に江戸時代に、領主が村々へ年貢取立て、夫役などの用件を通達するための書状。各村の名主(なぬし)はそれに判を押して次の村へ渡し、最後の村(留り村)から発行者(代官所)へもどす。また、村方が独自に出す場合もある。〔島田駿司家所蔵文書‐嘉永六年(1853)四月二五日・館山四ケ浦廻状〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android