コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廻状 かいじょう

2件 の用語解説(廻状の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

廻状
かいじょう

江戸時代,幕府,諸藩が武士,庶民に御触書や日常用務を通達した回覧文書。文書を見たものはこれを御用書留帳のような帳簿に写し取って,押印のうえ次へ回したから,文書は最初に出した役所に再び戻る仕組みになっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

廻状
かいじょう

ある用件を複数以上の者に対して順次回覧し、最後に発信者に返送されるように作成された文書。中世では、朝廷・寺院・幕府などで用いられ、披見者は自分の名に合点(がってん)や奉(うけたまわる)と記した。江戸時代は、領主や代官が支配下の村々への命令や伝達などに用いた。すなわち触書(ふれがき)・夫役(ぶやく)・年貢・代官派遣などの公務を通達するときに、代官所・陣屋から伝達経路に従って村々を順達した。また村々相互の日常的な連絡あるいは一揆への参加を呼びかける一揆廻状(いっきかいじょう)等もある。廻状を回す村は十数か村で一組に編成され、各村では、廻状を受け取ると名主がその内容を「御廻状写帳(おかいじょううつしちょう)」「御用留(ごようどめ)」などに転写し、廻状の村名下に時刻を記入し次の村へ回し、最後の留(とめ)村から差出者へ返却した。[森 安彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

廻状の関連キーワード御触書慶安の御触書御達し御触書集成慶安御触書薬園触書《御触書》《御触書之留並浜方記録》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

廻状の関連情報