回文・廻文(読み)かいぶん

大辞林 第三版の解説

かいぶん【回文・廻文】

回状」に同じ。かいもん。 「 -を以つて、東八箇国をふれまはるに/太平記 31
上から読んでも下から読んでも同文・同文句になるように書かれた文。また、回文歌・回文狂歌・回文俳諧など。例「をしめどもついにいつもとゆくはるはくゆともついにいつもとめじを」「竹屋が焼けた」の類。まわしぶみ。

かいもん【回文・廻文】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐ぶん クヮイ‥【回文・廻文】

〘名〙
① 二人以上の宛名人に順次に回覧して用件を伝える文書。諸役に参勤すべきことや訴訟のときに原告、被告に出頭することを命ずるときなどに用いられた。宛名を列記するのが普通であるが、記さないこともある。この状を受けた者は、自分の名の所に、承知の旨あるいは不都合の旨を記して次の者に回した。最後に出したところへ戻る。回状回文状。回章。まわしぶみ。めぐらしぶみ。
※権記‐長保四年(1002)一〇月六日「先日依去年例調熟食之由、有廻文
※源平盛衰記(14C前)二〇「先廻文(クイブン)の御教書を以て、御家人を召るべし」
② 上から読んでも下から読んでも同文、同文句になるように書いたもの。また、回文歌回文俳諧などを略していう。→回文詩
※隆祐集(1241頃)「十禅師に奉る百首の上置長歌字、よもじにあたりて侍るに、廻文」 〔晉書‐烈女伝〕
[語誌](②について) 和歌では、「むら草に草の名はもしそなはらばなぞしも花の咲くに咲くらむ」〔奥儀抄(1135‐44頃)〕がもっとも早い例として知られている。また初夢の歌とされる「長き夜のとをのねぶりのみなめざめ波乗り舟の音のよきかな」は、縁起物として宝舟の絵に添えられた。近代に入って、詩歌のみならず、長文の回文が試みられ、「言葉遊び」の一種として現代にも続いている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android