コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回転面 かいてんめんsurface of revolution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回転面
かいてんめん
surface of revolution

3次元空間で,1つの軸のまわりに曲線を回転してつくった図形をいう。内部を含めていうときは回転体 body of revolutionという。円 (もしくは半円) を直線のまわりに回転したのが球面であり,交わる直線を一方を軸として回軸すると円錐になる。同一平面上にない2本の直線の場合は,一方を他方のまわりに回転すると,鼓形の回転双曲面が得られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいてん‐めん〔クワイテン‐〕【回転面】

平面上の直線または曲線を、その平面上の一直線のまわりに回転させたときにできる曲面。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいてんめん【回転面】

平面曲線をその平面上の一直線を軸として一回転した時に生ずる曲面。回転曲面。球面や円柱の側面など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の回転面の言及

【回転体】より

…1平面上の曲線cを,その平面上の直線lのまわりに回転したときに生ずる曲面を回転面といい,このときできる立体を回転体という。cを母線,lを回転軸といい,回転面をlを含む半平面で切った切口を子午線という。…

※「回転面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

回転面の関連キーワードパップス=ギュルダンの定理シコルスキーVSオートジャイロコロイドミルコリオリの力ヘリコプターフォッカーラホナビス微分幾何学平面曲線プロペラ二次曲面操縦桿円環面原始星測地線角速度回転翼井戸母線

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android