コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因中無果論 いんちゅうむかろん asatkāryavāda

1件 の用語解説(因中無果論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

因中無果論
いんちゅうむかろん
asatkāryavāda

インド哲学用語。原因のなかに結果があらかじめ存在すると説く因中有果論に対立する説。インドにおいては古来,宇宙の発生の説明として,哲学説を開展説,仮現説,集積説の3つに分類する。そのうち,集積説は,因果関係についてみれば,因中無果論である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

因中無果論の関連キーワードインド哲学コールブルック哲学史ドイッセン遠因印哲等流あらかわサラマンダーは炎のなかに《哲学用語辞典》

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone