コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因中無果論 いんちゅうむかろんasatkāryavāda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

因中無果論
いんちゅうむかろん
asatkāryavāda

インド哲学用語。原因のなかに結果があらかじめ存在すると説く因中有果論に対立する説。インドにおいては古来,宇宙の発生の説明として,哲学説を開展説,仮現説,集積説の3つに分類する。そのうち,集積説は,因果関係についてみれば,因中無果論である。ミーマーンサー学派バイシェーシカ学派ニヤーヤ学派,およびマドバベーダーンタ学派はこれに属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone