コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因幡山/稲羽山/稲葉山 イナバノヤマ

デジタル大辞泉の解説

いなば‐の‐やま【因幡山/稲羽山/稲葉山】

鳥取市東部にある山。標高249メートル。いなばやま。[歌枕
「立ち別れ―の峰に生ふる松とし聞かば今帰り来む」〈古今・離別〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

因幡山
いなばのやま

掛詞(かけことば)として知られる山。鳥取県東部、鳥取市国府(こくふ)町にある稲葉(いなば)山(249メートル)をいう。宇倍野(うべの)山ともいう。因幡国守在原行平(ありわらのゆきひら)の「立ち別れ因幡の山の峯(みね)に生(お)ふる松としきかば今かへり来む」(『古今和歌集』)で知られる。付近には行平塚、伊福吉部徳足比売(いふきべとこたりひめ)墓跡(国指定史跡)などがある。[岩永 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

因幡山/稲羽山/稲葉山の関連キーワード国府(鳥取県)鳥取(市)鳥取城跡百人一首鳥取城

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android