コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因明正理門論 いんみょうしょうりもんろんNyāya-mukha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

因明正理門論
いんみょうしょうりもんろん
Nyāya-mukha

仏教論理学を大成したインドのディグナーガの著書。5世紀頃成立。仏教論理学の根本書。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

因明正理門論
いんみょうしょうりもんろん

サンスクリット名は『ニヤーヤムカ』Nyyamukhaという。新因明(論理学)を確立したインドの仏教論理学者陳那(じんな)(ディグナーガ、480―540ころ)の著作。彼の主著『集量論(じゅりょうろん)』に比べいまだ討論術綱要書の性格が強く、第1部では論証を構成する主張、証因、喩例(ゆれい)の三支(さんし)、第2部では知覚と推理、第3部では論難が定義、検討される。証因の三相説と独自の九句因説により論証理論は完成され、論難の誤謬(ごびゅう)には新解釈が与えられている。のちに発展する概念論(アポーハ論)の萌芽(ほうが)もみられる。サンスクリット原典は散逸し、玄奘(げんじょう)による漢訳のみ現存する。[桂 紹隆]
『宇井伯寿著『印度哲学研究 第5巻』(1929・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

因明正理門論の関連キーワードジュゼッペ トゥッチサンスクリット陳那因明

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android