因果居士(読み)いんがこじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

因果居士 いんがこじ

1525-? 織豊時代の僧,茶人。
大永(たいえい)5年生まれ。天正(てんしょう)7年近江(おうみ)(滋賀県)安土(あづち)で織田信長の命によりおこなわれた浄土宗と日蓮宗の論争「安土宗論」の判者のひとり。信長の内意をうけて判定を浄土宗側に有利にみちびいたといわれる。著作に「安土問答」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android