コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因果関係の知覚 いんがかんけいのちかくperception of causality

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

因果関係の知覚
いんがかんけいのちかく
perception of causality

2つの事象の間の因果関係を知覚すること。因果関係は推論によって間接的にしかとらえることはできないとする D.ヒュームらの考えに反対して,A.ミショットは2つの小図形の動きを観察する事態で,「一方の動きが他方に起因する」という因果的な印象が直接得られることを実験的に明らかにした (1954) 。たとえば,「一方が他方を押す」とか,「導いていく」とか,「突飛ばす」とかいった印象が条件の設定いかんによって現れるという。この成果に基づいて,事象間の因果性の現象を直接把握することが一般に可能であると考えられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android