コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因果性 いんがせいcausality

翻訳|causality

3件 の用語解説(因果性の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

因果性
いんがせい
causality

原因と結果との関係のこと。この関係が法則に従って生じる場合,その法則を因果の法則 (因果律) という。アリストテレスにおいては,原因は形相因,目的因,質料因,動力因の4つに分けられたが,中世ではトマスらにより,結果としての事物存在から因果律を遡行させて究極原因としての神の証明にいたろうとする企てが立てられ,ルネサンス以後は原因概念を自然科学の目的に適するように限定し,法則による現象説明が企てられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いんが‐せい〔イングワ‐〕【因果性】

現象はすべて原因から生じる結果とみる場合に成立する両者の関係。事実間に成立する実在的なものと、命題間の理由と帰結という論理的なものとがある。因果関係。原因性。→結果原因

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いんがせい【因果性】

〘哲〙 〔causality〕 独立した二つ以上の事象の間に原因・結果の関係があること。因果関係。因果態。原因性。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

因果性の関連情報