コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団体学 だんたいがくVerbandslehre; Gebildelehre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

団体学
だんたいがく
Verbandslehre; Gebildelehre

W.ゾンバルトの用語で,社会学の呼称として用いる。形式社会学が関係を重視するのに対し,彼は団体そのものが社会学の対象のすべてであるとした。団体とは,一定の意味連関をもつ人間多数であり,人間間の諸関係は団体に帰属するかぎりにおいて,社会学的考察の対象となりうる。団体の核心をその精神に求め,一般に用いられる集団よりかなり狭い概念とみている。 L.ウィーゼは,社会関係の複合を社会形象としてとらえ,群衆,集団,抽象的集合体に3分類したが,この社会形象論が団体学であるともいわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

団体学の関連情報