コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会形象 しゃかいけいしょう soziales Gebilde; gesellschaftliches Gebilde

2件 の用語解説(社会形象の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会形象
しゃかいけいしょう
soziales Gebilde; gesellschaftliches Gebilde

L. vonウィーゼの用語。彼は社会学を社会過程社会関係社会形象の3概念を基礎として体系化する。特定の社会過程が常に同じような経路をたどり,同じような関係を形成する場合,ここに人間間の比較的恒常的な距離関係として社会形象が生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

社会形象
しゃかいけいしょう
soziales Gebildeドイツ語

ドイツ社会学の用語で、ほぼ集団あるいは社会体系と同義である。すでにジンメルは、社会を人々の相互作用からなると考え、相互作用が形体へと凝縮して客観的な形象、あるいは巨視的な統一体や体系が成立することに注目したが、社会形象そのものを概念的には明確にしていない。これを行ったのは、ジンメルの立場を継承して、関係学としての社会学を提唱したウィーゼである。彼によれば、相互作用は、現実に行われる動的な社会過程と、それが規範化された静的な社会関係とに分けられる。この社会関係がさらに累積し結晶化して客観的な統一体とみなされるに至ったものが社会形象であるとし、社会化と抽象化の程度に注目して、それを群衆と集団と抽象的集合体に分けた。またフライヤー松本潤一郎は、さらに社会生活の所産である集団表象や文化をさすものとしても、この語を使用している。[居安 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社会形象の関連キーワードオグバーン新明正道文化社会学ミーゼスエリーゼのために関係学グンプロビッチオリーゼの日ウィーゼウィースナー,J.von

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone