コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団十郎茶 だんじゅうろうちゃ

色名がわかる辞典の解説

だんじゅうろうちゃ【団十郎茶】

色名の一つ。歌舞伎役者市川団十郎が代々用いた成田屋茶色をさす。やや明るい茶色。ベンガラ柿渋で染めたことから柿渋色、または柿色ともいう。江戸時代の流行色の一つ。現代でも襲名披露の口上などで団十郎がこの色の裃かみしもをつける。歌舞伎舞台に設けられている引き幕「定式幕じょうしきまく」は萌葱もえぎ、柿色、の3色。また歌舞伎役者の名を冠した色名には「芝翫茶しかんちゃ」もある。こちらは三代目中村歌右衛門が好んで用いた茶色のことで、歌右衛門の俳名が「芝翫」であることから、この名がついた。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だんじゅうろう‐ちゃ〔ダンジフラウ‐〕【団十郎茶】

くすんだ赤茶色。市川団十郎(5世)がこの色の衣装を用いて以来、市川家の伝統色となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だんじゅうろうちゃ【団十郎茶】

代々の市川団十郎が用いた染め色。やや赤みがかった薄茶色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

団十郎茶の関連キーワード襲名披露萌葱色路考茶引き幕梅幸茶代々柿色色名

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android