コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団十郎茶 だんじゅうろうちゃ

3件 の用語解説(団十郎茶の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

だんじゅうろうちゃ【団十郎茶】

色名の一つ。歌舞伎役者市川団十郎が代々用いた成田屋茶色をさす。やや明るい茶色。ベンガラ柿渋で染めたことから柿渋色、または柿色ともいう。江戸時代の流行色の一つ。現代でも襲名披露の口上などで団十郎がこの色の裃かみしもをつける。歌舞伎舞台に設けられている引き幕「定式幕じょうしきまく」は萌葱もえぎ、柿色、の3色。また歌舞伎役者の名を冠した色名には「芝翫茶しかんちゃ」もある。こちらは三代目中村歌右衛門が好んで用いた茶色のことで、歌右衛門の俳名が「芝翫」であることから、この名がついた。

出典|講談社
色名がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

だんじゅうろうちゃ【団十郎茶】

代々の市川団十郎が用いた染め色。やや赤みがかった薄茶色。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone