コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団子虫 ダンゴムシ

デジタル大辞泉の解説

だんご‐むし【団子虫】

オカダンゴムシ科の甲殻類。体長14ミリくらい。灰褐色から青灰色。全体がかまぼこ形で、触れると体を丸める。倒木や石の下、落ち葉の中に多い。広くは、海岸の小石の間にいるハマダンゴムシなどを含め、体を丸めることのできる陸生のものを総称する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だんごむし【団子虫】

甲殻綱等脚目の節足動物オカダンゴムシとハマダンゴムシの総称。体長1センチメートル 内外。体は楕円形で、数個の環節から成り、背は丸味を帯び、灰黒色。触れると体を団子状に丸める。オカダンゴムシは枯れ葉や庭先の石の下などにすみ、作物などを食害する。ハマダンゴムシは海岸の砂中にすむ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

団子虫 (ダンゴムシ)

動物。オカダンゴムシとハマダンゴムシの総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

団子虫の関連キーワード砂中動物環節

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

団子虫の関連情報