コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

図南丸 となんまる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

図南丸
となんまる

1934年日本捕鯨株式会社 (現在の日本水産) がノルウェーから買入れた捕鯨母船総トン数 9866tで,日本で初めて南極海で母船式捕鯨を行なった。第2次世界大戦中は軍用船として使われ,43年 11月 28日インドシナ沖で沈没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

図南丸
となんまる

日本最初の南氷洋捕鯨母船。1934年(昭和9)にノルウェーから捕鯨船五隻とともに、その母船アンタークチック号を購入した日本捕鯨会社(現在の日本水産)が、これを図南丸と改名した。建造は1907年(明治40)。9866総トン、長さ140.27メートル、主機スチーム・レシプロ、公称5100馬力、航海速力11ノット。その後日本で捕鯨母船として1936年に建造された日新丸(1万6764トン)、37年建造の第二日新丸(1万7579トン)や第二図南丸(1万9262トン)の手本となった。第二次世界大戦に油送船として徴用され、43年11月28日にインドシナ沖で沈没した。[茂在寅男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

図南丸の関連キーワード清水宏島津保次郎伊藤大輔村田実山本嘉次郎伊丹万作稲垣浩衣笠貞之助シュペーア久松静児

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android