コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

図南丸 となんまる

2件 の用語解説(図南丸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

図南丸
となんまる

1934年日本捕鯨株式会社 (現在の日本水産) がノルウェーから買入れた捕鯨母船総トン数 9866tで,日本で初めて南極海で母船式捕鯨を行なった。第2次世界大戦中は軍用船として使われ,43年 11月 28日インドシナ沖で沈没した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

図南丸
となんまる

日本最初の南氷洋捕鯨母船。1934年(昭和9)にノルウェーから捕鯨船五隻とともに、その母船アンタークチック号を購入した日本捕鯨会社(現在の日本水産)が、これを図南丸と改名した。建造は1907年(明治40)。9866総トン、長さ140.27メートル、主機スチーム・レシプロ、公称5100馬力、航海速力11ノット。その後日本で捕鯨母船として1936年に建造された日新丸(1万6764トン)、37年建造の第二日新丸(1万7579トン)や第二図南丸(1万9262トン)の手本となった。第二次世界大戦油送船として徴用され、43年11月28日にインドシナ沖で沈没した。[茂在寅男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

図南丸の関連キーワードテンプル日本製鉄神風連国語審議会タム東郷平八郎大川岩ソーダサニディン岩田原総一朗影なき男

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone