コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捕鯨母船 ほげいぼせん whale factory ship

2件 の用語解説(捕鯨母船の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

捕鯨母船
ほげいぼせん
whale factory ship

捕鯨船団の中心となる鯨処理工作船。普通鯨油や鯨肉の貯蔵能力も備えた大型船で,1万~3万総tの規模をもち,船団指令部となる。最も特徴的な外観として船尾に開口部があり,クジラを甲板まで引揚げるスリップウェーと,巻上げ装置をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

捕鯨母船【ほげいぼせん】

母船式捕鯨船団の中心となってクジラの処理,加工,保蔵およびキャッチャーボートへの補給などを行う船。1万〜2万トン内外のものが多い。最後部にキャッチャーボートの漁獲したクジラを引き上げるスリップウェー(引上船台)があり,ウィンチによりここから引き上げられたクジラを広い主甲板で解体し肉の大部分を冷凍船へ送る。
→関連項目捕鯨船母船式漁業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の捕鯨母船の言及

【捕鯨船】より

…さらに船首船底には探鯨機を装備している。 母船式捕鯨業の1船団の規模は捕獲枠が減少したため,捕鯨母船1隻とキャッチャーボート4隻から構成されている。このほかに鯨肉を冷凍し運搬するために,冷凍運搬船が3~4隻交互に参加する。…

※「捕鯨母船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

捕鯨母船の関連キーワード捕鯨船キャッチャーボート鯨船独航船母船ミンク鯨沿岸捕鯨太地町立くじらの博物館長門市くじら資料館鯨館

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

捕鯨母船の関連情報