コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

図形処理 ずけいしょり

2件 の用語解説(図形処理の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

図形処理

アプリケーションが持つ図形を作成する機能のこと。表計算ソフトやデータベースソフトのグラフ作成機能も含む。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ずけいしょり【図形処理】

コンピューターによる視覚情報の処理技術であるコンピューターグラフィックスのうち,主として幾何学的図形を対象とする分野をいう。平面上の図形を対象とする二次元処理,立体図形を対象とする三次元処理があり,いずれも線分,円弧,各種曲線,あるいは平面,曲面をパラメーターで定義し,これらの集合として図形を表したものをコンピューターで処理する。 主要な用途はCAD/CAMの分野で,プリント基板設計製造,自動車,船舶,ビル,橋梁(きようりよう)の設計など広い分野に使用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

図形処理の関連キーワードニューロコンピューター光コンピューター大型コンピューター専用コンピューターミニコンピューターコンピューター総合保険コンピュータービジョンファジーコンピューターボードコンピューター

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

図形処理の関連情報