図書館ボランティア(読み)としょかんボランティア(英語表記)library volunteer

図書館情報学用語辞典の解説

図書館ボランティア

個人の自発的な意志により,自らの知識や技能を,図書館の方針に基づく先駆的・周縁的なサービスとして,対価を求めず図書館利用者へ継続的に提供する活動,またはその担い手.図書館側は組織的な研修とともに,業務監督の責任がある.市民の要求,図書館活動の拡張や代行を契機として導入され,図書館のサービス向上,運営の活性化,コミュニティとの関係強化が期待されている.公共図書館で始まり,学校図書館,ついで大学図書館に拡大している.活動内容は,読み聞かせ,ストーリーテリング,録音図書作成,対面朗読,貸出業務,講習会講師,通訳案内など多岐にわたりつつある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

図書館ボランティアの関連情報