固体検出器(読み)こたいけんしゅつき(英語表記)solid state detector

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

固体検出器
こたいけんしゅつき
solid state detector

SSDと略記する。誘電体や,真性半導体または不純物半導体など固体結晶中での放射線による電離現象を利用した放射線検出器をいうが,普通は不純物半導体検出器をさす。これらの固体中では放射線の入射によって電子が伝導帯励起され,あとに空孔を生じ,これらが結晶中を移動して,電極にパルス電圧を生じる。 (→半導体検出器 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android