真性半導体(読み)しんせいはんどうたい(英語表記)intrinsic semiconductor

  • しんせいはんどうたい〔ハンダウタイ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不純物が無視できる半導体では,電気伝導に寄与するキャリアは,価電子帯から伝導体に熱的に励起された電子と価電子帯にできた同数正孔である。このような半導体を真性半導体という。これに対して不純物から励起された電子や正孔がおもなキャリアとなるもの,たとえばn型あるいはp型半導体を外来型または外因型半導体という。同じ試料でも,高温では真性半導体として作用し,低温では外来型半導体として作用することが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版の解説

固有半導体ともいう.半導体で伝導帯中の電子と価電子帯中の正孔の数が等しいものを真性半導体とよぶ.この状態は,現実には材料をきわめて純粋としたとき,あるいはドナー不純物とアクセプター不純物を等量に含ませることによって得られる.また,不純物を含んだものでもこれが高温になって価電子帯中の正孔が多数伝導帯に励起され,不純物からの励起による部分が無視されるような状態は真性半導体とみなされる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の真性半導体の言及

【半導体】より

…担体の数は温度の上昇とともに急激に増え,電気伝導度も急増する。以上のような機構によって電気伝導性を示す物質が固有半導体(真性半導体ともいう)である。しかし常温である程度の電気伝導性を示すためには,ギャップEGはかなり小さい必要があり,そのような物質は現実にはあまりたくさんない。…

※「真性半導体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android