コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不純物半導体 ふじゅんぶつはんどうたいimpurity semiconductor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不純物半導体
ふじゅんぶつはんどうたい
impurity semiconductor

電気伝導において電荷を運ぶキャリアがおもに不純物元素により供給される半導体。ほとんど電気を流さない真性半導体不純物を加えることで電気を流すようになる。通常 10-3~10-8 程度の割合の不純物元素を含む。キャリアが電子である場合をn型半導体,キャリアが正孔である場合をp型半導体という。n型半導体には電子を供与するドナーが,p型半導体には正孔をつくるアクセプタが存在する。1つの結晶に部分的にドナーアクセプタとを含ませた場合,ドナーの存在する部分をn領域,アクセプタの存在する部分をp領域,両者の境界を n-p 接合と呼び,ダイオードトランジスタなどが形成される。不純物半導体も高温になると通常は真性半導体に近づく。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の不純物半導体の言及

【半導体】より

…しかし常温である程度の電気伝導性を示すためには,ギャップEGはかなり小さい必要があり,そのような物質は現実にはあまりたくさんない。そこでむしろ重要となるのが,次に述べる不純物半導体である。
[不純物半導体]
 もっともよく知られているのは,5価(例えばP,Asなど)または3価(B,Ga,Inなど)の原子を不純物として加えた(ドープという)SiやGeの結晶である。…

※「不純物半導体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報