励起(読み)れいき(英語表記)excitation

翻訳|excitation

デジタル大辞泉の解説

れい‐き【励起】

[名](スル)量子力学で、原子分子が外からエネルギーを与えられ、もとのエネルギーの低い安定した状態からエネルギーの高い状態へと移ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

励起【れいき】

量子論によれば,原子・分子・原子核はとびとびのエネルギー値をもつ状態にしか存在できない。通常はエネルギーの最も低い基底状態にあるが,外部から粒子の衝突や放射線の吸収などによりエネルギーを受けとって,より高エネルギーの状態に移行することがある。これを励起(状態)という。励起されたあとふつうは短時間で基底状態に戻り,その際両状態の差に相当するエネルギーをもつ電磁波(原子・分子では光やX線,原子核ではγ線)を放出する。→誘導放出
→関連項目核異性体カスレγ線蛍光原子核物理学自然放出レーザー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

れいき【励起】

( 名 ) スル
分子・原子・原子核などの量子力学的な系が外部からエネルギーを得て、初めより高いエネルギーをもつ定常状態(励起状態)に移ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

れい‐き【励起】

〘名〙 原子・分子などが、外から熱・光・放射線などのエネルギーを与えられ、もとのエネルギーの低い状態からエネルギーの高い状態に移ること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

励起の関連情報