励起(読み)れいき(英語表記)excitation

翻訳|excitation

百科事典マイペディアの解説

量子論によれば,原子・分子・原子核はとびとびのエネルギー値をもつ状態にしか存在できない。通常はエネルギーの最も低い基底状態にあるが,外部から粒子の衝突放射線吸収などによりエネルギーを受けとって,より高エネルギーの状態に移行することがある。これを励起(状態)という。励起されたあとふつうは短時間で基底状態に戻り,その際両状態の差に相当するエネルギーをもつ電磁波(原子・分子ではやX線,原子核ではγ線)を放出する。→誘導放出
→関連項目核異性体カスレγ線蛍光原子核物理学自然放出レーザー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 原子・分子などが、外から熱・光・放射線などのエネルギーを与えられ、もとのエネルギーの低い状態からエネルギーの高い状態に移ること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

物質系にエネルギーを与えて,エネルギーの低い状態から高い状態へ遷移させること.原子,分子や固体内電子など比較的小さい系の励起もあるが,結晶,高分子,生体物質など大きい系全体の関与する励起もある.光による励起分子は前者の例であり,結晶内音子は後者の例である.励起は,光の吸収,粒子の衝突,電場・磁場の印加,音波・衝撃波の注入,加熱など物理的方法によるほか,化学反応や生体反応でも起こる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android