コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射線検出器 ほうしゃせんけんしゅつき

4件 の用語解説(放射線検出器の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ほうしゃせんけんしゅつき【放射線検出器】

放射線と物質との相互作用(電離作用・発光作用など)を利用して放射線を検出する装置。検出方法や用途により種々のものがある。ガイガー-ミュラー計数管・電離箱・霧箱など。粒子検出器。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほうしゃせん‐けんしゅつき〔ハウシヤセン‐〕【放射線検出器】

放射線測定器

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃせんけんしゅつき【放射線検出器 radiation detector】

物質が放射線を受けたときにその中に起こる物理的,または化学的変化を利用して,放射線の到来を検知できるようにした検出器。放射線によって物質中にはさまざまな変化が起こるが,検出器によく利用されるものとして,電離,発光,化学変化,発熱,飛跡(トラック)の形成,写真フィルムの感光などの現象がある。代表的な放射線検出器として次のものがある。(1)気体の電離を利用した電離箱比例計数管ガイガー=ミュラー計数管,(2)固体の電離を利用した半導体放射線検出器,(3)発光を利用したシンチレーションカウンター,(4)化学反応を利用したフリッケ線量計など,(5)発熱を利用した熱量計,(6)飛跡を利用する霧箱泡箱原子核乾板など,(7)感光作用を利用するフィルムバッジなど。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

放射線検出器
ほうしゃせんけんしゅつき
radiation detector

α(アルファ)線、β(ベータ)線、γ(ガンマ)線、X線、中性子線などの放射線を電気信号などに変換して検出する装置。対象とする放射線の種類やレベル、また検出の目的に応じて種々の原理・方法が用いられるが、いずれも放射線が物質に及ぼす作用を利用するもので、次の4種類に大別される。
(1)電離作用を利用するもの(電離箱、比例計数管、ガイガー‐ミュラー計数管、半導体検出器)
(2)蛍光作用を利用するもの(シンチレーション計数管)
(3)写真作用を利用するもの(原子核乾板、フィルムバッジ)
(4)放射線損傷などを利用するもの(ガラス線量計)。
 これらの放射線検出器は、その出力信号(電気パルス、電流など)を測定する装置と組み合わせて線量測定に用いられるほか、放射線を応用した種々の計測装置(液面計、厚み計など)や診断装置(X線透視装置、CTスキャナーなど)の検出部として用いられる。[三井清人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放射線検出器の関連キーワード吸収線量熱ルミネセンス放射能放射性放射性肺炎放射性反跳ラジエーションダメージ残留放射能実効線量入射角法則

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone