地熱発電(読み)ちねつはつでん(英語表記)geothermal electric power

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地熱発電
ちねつはつでん
geothermal electric power

地下から得られる地熱流体を利用して発電すること。地下の蒸気熱水のたまり場所を探査,発見し,それを掘ってパイプを挿入し,地表に蒸気や熱水を導き出し,タービンを回して電気を起す。天然蒸気でそのままタービンを回す方式と,天然蒸気を起源として蒸気を発生させ,タービンに送る方式とがある。世界的に有名なのはイタリアのラルデレロ発電所で,日本でも,1966年に日本重化学工業が岩手県松川で2万 kW,九州電力が 67年に阿蘇の大岳で 1.1万 kW,80年前後に八丁原で 5.5万 kW,東北電力が岩手県の葛根田で5万 kWの発電所を建設している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

地熱発電

地下数千mのマグマだまりに届く井戸を掘削して蒸気や熱水を汲み上げ、熱源とし、蒸気タービンを回転させる発電方法が地熱発電。蒸気に熱水が混合する場合は熱水利用発電という。日本では53万kWの規模が開発されており、2010年に150万kW規模の実現が目標。パイプ内壁に付着する溶存物質の処理が問題。高温岩体発電は、地表から注入した水が地中高温岩体に触れて得られる蒸気を利用する発電法。発電後、蒸気は水に戻し再利用する。

(槌屋治紀 システム技術研究所所長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地熱発電

地下から噴き出す高温高圧の蒸気などでタービンを回して発電する。蒸気をそのまま使う「フラッシュ方式」、低温でも沸点の低い媒体を気化させてタービンを回す「バイナリー方式」の2種類がある。バイナリーは施設が小規模でも発電できるのが特徴。九州経済産業局によると、固定価格買い取り制度認定設備数の71件(3月現在)のうち、ほとんどをバイナリーが占める。

(2016-07-23 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

地熱発電【じねつはつでん】

地熱(ちねつ)発電

地熱発電【ちねつはつでん】

地下の高温の天然蒸気のエネルギーを利用して蒸気タービンを運転する発電方式。不純物を除いた天然蒸気で直接タービンを回す直接式と,熱交換器を介し水蒸気を作る間接式とがある。主として高温蒸気の豊富に得られやすい火山地帯で開発され,イタリア,ニュージーランド等で実用化されており,日本では出力各5万kWの八丁原(はっちょうばる)(大分県),葛根田(かっこんだ)(岩手県),(北海道)などの発電所が作られている。
→関連項目クリーンエネルギー発電

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちねつはつでん【地熱発電】

地中から噴出する蒸気、または熱水から分離した蒸気によって、タービンを回して行う発電。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地熱発電の関連情報