コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固形アルコール コケイアルコール

百科事典マイペディアの解説

固形アルコール【こけいアルコール】

燃料用アルコール固形物に吸収させたもの。セッケン類にアルコールを吸収させたもの,アセチルセルロース氷酢酸またはアセトンに溶かしアルコールを混和してゲル状にしたものなどがある。缶に入れ携帯用燃料として市販されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こけいアルコール【固形アルコール】

エタノールあるいはメタノールを、石鹼・酢酸セルロースなどに吸収させてゲル状に固化させたもの。携帯用燃料として用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

固形アルコール
こけいあるこーる

登山、キャンプなどに用いられる携帯用燃料。せっけん類あるいは酢酸セルロースにアルコールを含ませてゲル状にしたものである。缶に入れて市販されており、点火が容易なうえ、雨などで湿っていても燃える利点をもっている。簡単な室内での調理にも使われる。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android