コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国分元杏 こくぶん げんきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国分元杏 こくぶん-げんきょう

1820-1875 幕末-明治時代の儒者。
文政3年生まれ。はじめ医学をまなび,のち江戸で増島蘭園(らんえん),芳野金陵(よしの-きんりょう)に儒学をまなぶ。陸奥(むつ)磐井郡(岩手県)藤沢村に帰郷し,医業のかたわら,子弟に儒学をおしえた。明治8年死去。56歳。名は盛甫。号は翠陰。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

国分元杏の関連キーワードフランス共和国憲法アンペールチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)阮福映ジョージアンペールラマルティーヌイコトイマッカーティー吉雄常三

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android