コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国分煙草 こくぶたばこ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国分煙草
こくぶたばこ

大隅(おおすみ)国(鹿児島県)の国分地方産の名葉煙草。俗謡オハラ節に「花は霧島、煙草は国分」と謡われ、全国に著名。1606年(慶長11)島津義久(よしひさ)の臣、服部宗重(はっとりむねしげ)が国分郷梅木(うめのき)の地で試作して好結果を得たので、煙草奉行(ぶぎょう)を命ぜられ、姶良(あいら)郡を中心に普及させた。1713年(正徳3)初めて国分煙草の名が全国に紹介され、1780年代に大坂への移出が始まり、1815年(文化12)江戸への売り込みが許可された。1846年(弘化3)の「煙草百種」は、諸葉の最上との折紙をつけた。色と香りがよく、1898年(明治31)専売制実施当時の賠償価格は全国最高級であった。第一次世界大戦後、両切り煙草の嗜好(しこう)が高まり、国分銘葉の需要は減退、いまでは改良品種の黄色葉が栽培されている。[原口 泉]
『青江秀著『薩隅煙草録』(1881・鹿児島県蔵) ▽芳即正著「薩摩の煙草」(『日本産業史大系8』所収・1960・東京大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

国分煙草の関連キーワード国分(鹿児島県)山内四郎左衛門服部左近衛門霧島(市)服部宗重

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android