コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国分胤通 こくぶ たねみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国分胤通 こくぶ-たねみち

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
千葉常胤の5男。下総(しもうさ)葛飾(かつしか)郡(千葉県)国分郷を分与され,国分氏を称する。治承(じしょう)4年(1180)の源頼朝の挙兵に父とともに応じ,寿永3年(1184)源範頼(のりより)に属して木曾義仲を討つ。のち下総香取社領(千葉県)の地頭となり,大戸庄を支配した。通称は五郎,左衛門尉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

国分胤通の関連キーワード鎌倉時代千葉常胤

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android