コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源範頼 みなもとののりより

8件 の用語解説(源範頼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

源範頼
みなもとののりより

[生]?
[没]建久4(1193).8? 伊豆
鎌倉時代の武将。義朝の第6子。頼朝の弟。妻は安達盛長の娘。蒲冠者と称した。従五位下。三河守。頼朝の命令のもとで,弟義経とともに西国への遠征隊の総指揮官となった。寿永3 (1184) 年1月木曾義仲を攻めて入京。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みなもと‐の‐のりより【源範頼】

[?~1193]平安末期・鎌倉初期の武将。義朝の六男。通称、蒲冠者(がまのかじゃ)。兄頼朝の挙兵を助け、弟義経とともに源義仲や平氏追討に参加。のち、頼朝に追われ、伊豆修禅寺で殺された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

源範頼【みなもとののりより】

平安末〜鎌倉初期の武将。源義朝の6子。母は遠江(とおとうみ)国池田宿の遊女。同国蒲御厨(かばのみくりや)で生まれたため蒲冠者(かばのかじゃ)と呼ばれた。兄頼朝の挙兵に呼応,弟義経とともに西国で平氏追討の任につき,平氏滅亡後は九州の経営に当たったが,頼朝の嫌疑を受け伊豆修禅寺で殺された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源範頼 みなもとの-のりより

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
源義朝の6男。母は遠江(とおとうみ)(静岡県)池田宿の遊女。兄源頼朝にしたがい,弟義経とともに源義仲を追討。さらに一ノ谷で平氏をやぶり,山陽道をすすむ。のち九州を鎮定。建久4年(1193)8月頼朝に謀反の疑いで伊豆(いず)に流され,以後の消息は不明。通称は蒲冠者。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源範頼

没年:建久4.8(1193)
生年:生年不詳
平安末・鎌倉初期の武将。源義朝の6男(一説に5男)。母は 遠江国池田宿(静岡県豊田町)の遊女。池田付近の蒲御厨(浜松市)で生まれたので蒲冠者と称し,京都の中級貴族藤原(高倉)季範に養育され,その諱の1字を得て範頼と名乗ったと思われる。治承4(1180)年異母兄の頼朝が挙兵して程なくその麾下に参じたとみえ,元暦1(1184)年の源(木曾)義仲追討戦や摂津一の谷の対平氏戦に,異母弟義経と共に頼朝代官・一方の大将軍として出陣,勝利を収め,同年6月には頼朝の推挙により参河守に任じた。8月平氏追討のため再度出征したものの,戦いは長期化して進展なく,ようやく義経の参戦・攻撃を得て,文治1(1185)年3月長門壇の浦に平氏一門を壊滅させえた。範頼は九州に在って戦後処理を行ったのち帰東,頼朝と対立・没落した義経とは対照的に,常に頼朝に従順,異心なきを誓ったが,やがて建久4(1193)年曾我兄弟の仇討ち事件への対処方が疑われ,伊豆修善寺(異説もある)で幽殺された。<参考文献>野口実「源範頼の軌跡」(『鎌倉』65号)

(杉橋隆夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みなもとののりより【源範頼】

?‐1193(建久4)
平安末~鎌倉初期の武将。源義朝の六男,頼朝の弟。母は遠江池田宿の遊女。同国蒲御厨(かばのみくりや)に生まれたところから蒲冠者(かばのかじや)と呼ばれた。兄頼朝の挙兵後その部将となり,1184年(元暦1)弟義経とともに源義仲を破り,ついで一ノ谷に平氏を討って三河守に任ぜられる。その後,平氏追討のため中国から九州に遠征,平氏滅亡後も九州の経営に当たった。93年8月頼朝により伊豆修禅寺で殺された。子孫に吉見氏がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みなもとののりより【源範頼】

?~1193) 鎌倉初期の武将。義朝の六男。遠江蒲御厨かばのみくりやに成長したので蒲の冠者ともいう。弟義経とともに源義仲を近江粟津に殺し、平家を一谷・壇浦に破った。義経没落後、頼朝にとりいったが伊豆修善寺で殺された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

源範頼
みなもとののりより
(?―1193)

鎌倉初期の武将。源義朝(よしとも)の六男。三河(みかわ)国(愛知県)蒲御厨(かばのみくりや)に生まれたので「蒲冠者(かばのかんじゃ)」とよばれた。幼時、藤原範季(のりすえ)の養子となる。兄頼朝(よりとも)が平氏追討の兵をあげたとき、頼朝に属してその部将となる。1183年(寿永2)弟義経(よしつね)とともに源義仲(よしなか)を京都に討ってこれを倒した。続いて一ノ谷に平氏を破り、戦後、三河守(かみ)となった。やがてふたたび平氏追討のため中国から九州に遠征して、85年(文治1)平氏滅亡後、九州の経営にあたった。範頼は、頼朝・義経の衝突、義経の運命をみて、頼朝に対して努めて従順な態度をとった。しかし頼朝は範頼を疑い、建久(けんきゅう)4年8月、これを捕らえて伊豆修禅寺(しゅぜんじ)に幽し、ついにこれを殺した。範頼の子孫は吉見(よしみ)氏を称し、南北朝ごろには能登(のと)(石川県)の守護となっている。[多賀宗隼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源範頼の関連キーワード愚昧記安田義定一条忠頼大内義信岡崎義実志内景澄中村宗平源義高源義隆源義広

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

源範頼の関連情報