コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国分氏 こくぶうじ

世界大百科事典 第2版の解説

こくぶうじ【国分氏】

中世下総の豪族。平姓千葉氏族。千葉六党の一つ。千葉常胤の五男胤道が葛飾郡国分郷を与えられたのに始まる。胤道はまた香取郡本矢作城に住み,奥州をはじめ遠江,三河にも加恩の地を得た。《吾妻鏡》によれば,1180年(治承4)胤道は一門とともに下総国府で源頼朝にあい,82年(寿永1)頼家誕生祝儀に弓箭をもった。84年(元暦1)一ノ谷の戦に参加,89年(文治5)奥州征伐にも従軍している。南北朝・室町時代に千葉宗家は衰えたが,胤道の子孫は本矢作,大崎2城を本拠として大戸庄(現,佐原市)を領有して活動した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の国分氏の言及

【下総国】より

…四郎胤信は香取郡大須賀保(大栄町(だいえいまち))を根拠とし大須賀氏の祖となった。五郎胤道(通)は始め葛飾郡国分(市川市)を譲与されたといわれ,のち香取郡本矢作(もとやはぎ)城を本拠とし子孫は国分氏を称した。六郎大夫胤頼は香取郡東荘(とうのしよう)(東庄町)を領して東(とう)氏を称しのち海上郡三崎荘(銚子市,旭市,海上町)をも父常胤より与えられたという。…

※「国分氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国分氏の関連キーワード姓名/日本のおもな姓氏仙台(市)香取(市)国分胤通岩ヶ崎城仙台城跡国分町今泉城仙台城宮城

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国分氏の関連情報