コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国友尚克 くにとも たかかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国友尚克 くにとも-たかかつ

1801-1862 江戸時代後期の儒者。
享和元年8月23日生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。藤田幽谷にまなぶ。藩主徳川斉昭(なりあき)の右筆(ゆうひつ),彰考館正員をへて藩校弘道館の教授頭取代にすすむ。徳川慶篤(よしあつ)の侍講もつとめた。文久2年2月29日死去。62歳。字(あざな)は伯庸,温卿。通称は与五郎。号は善庵,宝竹堂。著作に「閑道録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

国友尚克の関連キーワード享和サイゴン条約黒住教辛酉教獄植崎九八郎歌川豊広神田厚丸喜多川歌麿桜川慈悲成昇亭北寿