コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家公務員制度改革基本法 コッカコウムインセイドカイカクキホンホウ

1件 の用語解説(国家公務員制度改革基本法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こっかこうむいんせいどかいかく‐きほんほう〔コクカコウムヰンセイドカイカクキホンハフ〕【国家公務員制度改革基本法】

国家公務員制度改革の基本理念・方針を定めた法律。平成20年(2008)6月成立。政治主導を強化し、縦割り行政の弊害を排除することが目的。幹部人事を一元管理する内閣人事局の設置、上級試験合格者が幹部職員となるいわゆるキャリア制度の廃止などを骨子とする。公務員改革法

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国家公務員制度改革基本法の関連キーワード国家公務員法資格任用制公務員改革法国家公務員倫理規程国家公務員倫理法二種試験公務員制度審議会公務員制度改革公務員制度改革関連法案国家公務員に関する基本法

国家公務員制度改革基本法の関連情報