コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内閣人事局 ないかくじんじきょく

2件 の用語解説(内閣人事局の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

内閣人事局

2008年度に設置される予定だった、国家公務員幹部職員の人事の一元管理を行うための組織。08年6月に成立した「国家公務員制度改革基本法」によって、内閣官房に設置が定められたもので、1年以内に設置のための法制上の措置が講ぜられることとなっていたが、省庁間の調整がつかず09年度の設置は見送られることになった。日本の国家官僚には、「省あって内閣なし、局あって省なし」と批判されるように、国全体の利益ではなく、省や局という閉鎖的な「縦割り組織」の利益を優先する傾向があった。その理由は、省ごとに「キャリア官僚」として採用され、省内のポストを昇進していき、同期が次官クラスの最高ポストに就くと残りの者は外郭団体や民間企業に天下りしていくという、生涯保証システムにあった。このシステムを、その入り口・中間・出口で改革することが、安倍内閣福田内閣で取り組まれた公務員制度改革である(担当したのは、渡辺喜美行政改革担当大臣)。入り口については、内閣人事局による一括採用は見送られたが、出口の早期退職勧奨(天下りあっせん)については、省庁が行うことは禁止され、官民人材交流センター一元化されることになった(経過措置として3年間は再就職等監視委員会が認めれば、省庁もできる)。中間の昇進については、幹部職員の候補者名簿や、選考基準の作成が、内閣人事局の事務となった。従来、各省大臣には実質的な人事権はなく、幹部人事については、事務方トップ事務次官が作成する人事案を承認するしかなかった。これを、内閣人事局が、民間からもリストアップした候補者名簿を担当大臣に提出できるようにし、事務次官の人事案に縛られないようにした。しかし、人事権を奪われることになる霞が関官僚の抵抗は根強く、09年度の内閣人事局の設置は見送りになったわけである。再就職監視等委員会も官民人材交流センターも未発足である。

(高橋誠 ライター / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

内閣人事局

6月に成立した国家公務員制度改革基本法で設置が定められた。国家公務員の幹部職員の候補者名簿や、選考基準の作成などを行う。基本法は、1年以内に関連法案を提出するよう定めているが、実際の設置時期は明記していない。

(2008-11-15 朝日新聞 朝刊 政治)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内閣人事局の関連キーワード子代小学区ドップラーレーダースロップシンクコールドステーションテイクワンイラク戦費交通事故自動記録装置(TAAMS=タームス)大多喜ダム地域医療再生計画

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内閣人事局の関連情報