コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家間システム こっかかんシステムinter-state system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国家間システム
こっかかんシステム
inter-state system

各々の国家が自国の安全を確保すべく相互に監視しながら形成している一つの総体のこと。諸国家「間」の自然状態,あるいは潜在的な戦争状態は,国家「内」における社会状態とは本質的に異なるという命題出発点としている。たとえば,R.アロンは,M.ウェーバーの国家の定義「合法的な暴力の独占」を引きながら,国際社会を「合法的な暴力を保持する実体欠如」と定義し,国際関係の理論は,決定を下す自律的中心の多元性,すなわち戦争の危険から出発するとした。 19世紀以降,著作権,特許権,郵便通信などの情報の次元や,工場,労働条件,性的差別などの次元でもトランスナショナルな立法が積み重ねられ,特に「人権」という普遍的価値が国連の場を通じて人々に認識されるようになり,この秩序観は徐々に修正を迫られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国家間システムの関連キーワード外交戦略的行動

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android