コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民科 こくみんか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民科
こくみんか

第2次世界大戦時の教育改革で,修身国語歴史地理の4科目を統合して設けた教科理数科体錬科芸能科実業科と合せて教育課程を構成した。その要旨は「我ガ国ノ道徳,言語,歴史,国土国勢等ニ付テ習得セシメ,特ニ国体ノ精華ヲ明ニシテ国民精神ヲ涵養シ,皇国ノ使命ヲ自覚」 (国民学校令施行規則) させるものであるとされた。国民学校をはじめ,中等学校師範学校などにも設けられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくみん‐か〔‐クワ〕【国民科】

旧制国民学校の教科の一。修身・国語・国史・地理を統合したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

国民科の関連キーワード理化学研究所国語科教育高峰 譲吉合科教授国語教育高峰譲吉漢文教育

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国民科の関連情報