コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国状学 こくじょうがくStaatskunde

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国状学
こくじょうがく
Staatskunde

広義の国家学の1部門で,17~18世紀のドイツ官房学 (→カメラリスムス ) として興った。諸外国の比較的,総合的研究を行なった学問である。初期の頃,この学問は「統計学」 Statistikと呼ばれたことがあるが,国家顕著事項を文書で記述し,数字を用いなかったので,統計学の源流とはいえない。むしろ現代の地域研究の先駆とみることができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国状学の関連キーワード広義

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android