コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立がんセンター こくりつがんせんたー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国立がんセンター
こくりつがんせんたー

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の国立がんセンターの言及

【がんセンター】より

…平均余命の延長が著しかった昭和20年代以降,老年人口の増加や抗生物質の適用,栄養状態の改善などによって感染症による死亡が減少するにともなって,悪性新生物による死亡数は増加の一途をたどり,1953年には死因第2位に,80年には第1位に上昇した。このような背景のもとで,62年,国立がんセンターが東京築地に,運営部,病院(中央病院),研究所を総合した形で設置された。病院は,外来部,内視鏡部,放射線治療部,薬剤部などからなり,研究所は,病理部,生化学部,化学療法部などからなる(92年には難冶性の癌専門治療に対応するため,東病院が千葉県柏市に開設された)。…

※「国立がんセンター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国立がんセンターの関連キーワードがん対策情報センター診断群分類別包括評価東京都中央区築地筑波研究学園都市内視鏡下外科手術がんセンター胸腔鏡下手術さくらかおり高速螺旋CT西岡久寿弥比企 能達地方医務局崎田 隆夫中原 和郎塚本 憲甫庭瀬 康二田宮 猛雄津金昌一郎市川平三郎石川 七郎

国立がんセンターの関連情報