コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立中央青年の家 こくりつちゅうおうせいねんのいえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国立中央青年の家
こくりつちゅうおうせいねんのいえ

1959年国立として最初に設置された青年の家静岡県御殿場市にある。文部科学省の所管により国が建設し管理運営する施設であったが,2001年に全国 13ヵ所の国立青年の家が一つにまとまり,独立行政法人となった。団体宿泊訓練を通じ健全な青年の育成を目的とする。面積約1万 7000m2。宿泊人員 550人。5人以上のグループで,24時間以上滞在し,自主的,計画的に研修を行なう青少年,または青少年教育関係指導者であれば利用できる。宿泊施設のほか,体育施設,富士山資料室,青少年教育資料室,図書展示室などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国立中央青年の家の関連キーワード新藤兼人岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題ルナ市川崑エルスケン川島雄三恐怖映画