コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青年の家 せいねんのいえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青年の家
せいねんのいえ

青少年の育成施設。国立,公立,都市の別がある。公立青年の家は,1958年,青少年の野外訓練と職業技術研修の機能をあわせもつ施設として始まり,国立青年の家は「団体宿泊訓練を通じて,健全な青年の育成をはかる機関」として,1959年に皇太子ご成婚記念事業の一環として静岡県御殿場市に最初の施設国立中央青年の家が設置された。 2001年には全国 13ヵ所の国立青年の家を統合し,独立行政法人となった。 1967年に設置が始まった都市青年の家は,都市に住む青少年のための非宿泊型施設である。いずれも青少年に幅広い人間関係を形成する場を保障する社会教育機関として期待されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいねん‐の‐いえ〔‐いへ〕【青年の家】

団体宿泊訓練を通じて青年の研修・健全育成をはかるため国・地方自治体が設置する共同宿泊施設。昭和33年(1958)発足。国立施設は平成13年(2001)独立行政法人国立青少年教育振興機構に移行し、青少年交流の家となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せいねんのいえ【青年の家】

〈団体宿泊訓練を通じて健全な青年の育成を図る〉(文部省設置法25条)ことを目的とする教育機関。1950年代後半の青年対策の一環としてとりあげられ,59年に法制化された。社会教育法が都道府県・市町村の青年の家を定め,文部省設置法が国立青年の家を定めている。93年現在,公立の宿泊型で約250施設,非宿泊型は約160施設を数える。そのねらいは,規律,友愛,奉仕精神,責任感,祖国愛の涵養などであって,他の社会教育施設とはその性格を異にしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青年の家
せいねんのいえ

広義には、都市にある青年センター(都市型青年の家)などを含めて青年を主対象とする社会教育施設全体をさしたが、狭義には宿泊型の青少年教育施設をさした。1958年(昭和33)に、文部省(現文部科学省)が公立の野外教育施設と産業教育施設の補助を行う際にこの名称を用いたが、翌年富士山麓(さんろく)の御殿場(ごてんば)市に国立中央青年の家が設置されてから、団体宿泊訓練を通じて健全な青少年の育成を図るための機関と考えられるようになる。当初は、主として勤労青年の利用する施設として位置づけられていたが、1970年代に入るころから在学青年にも門戸を開き、その後高校生を中心とした在学青年の利用が大半を占めるようになる。高校生の場合、学校ぐるみの利用が多かった。
 2001年(平成13)には、国立の施設は独立行政法人国立青年の家になった。2006年には国立少年自然の家などとともに独立行政法人国立青少年教育振興機構の運営する施設となり、国立青少年交流の家となって、青少年を対象に交流体験を中心とした教育プログラムの企画・実施を行っている。主催事業のほか、利用団体の計画に基づいて実施する受入れ事業がある。地域における青年団の自主的な集会・討議の場としては、青年会館と称するものが多い。国立少年自然の家も国立青少年自然の家へと変わっている。2008年度には、国立青少年交流の家は13、国立青少年自然の家は14あって、国立オリンピック記念青少年総合センターと合わせて487万人の利用があった。公立青少年教育施設は全国に約700ある。[上杉孝實]
『全国青年の家協議会編『青年の家の現状と課題』各年版(全国青年の家協議会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

青年の家の関連キーワード国立青少年教育振興機構浜名湖ボート転覆事故浜名湖ボート事故府中青年の家事件益子県立自然公園勤労青少年教育渋川(岡山県)南あわじ(市)金ヶ崎[町]坂井 隆治校外指導坂井隆治教育制度美瑛町英彦山キブツ一の宮江田島京極町阿万

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青年の家の関連情報