コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連人間居住センター こくれんにんげんきょじゅうセンター United Nations Center for Human Settlements; UNCHS

1件 の用語解説(国連人間居住センターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国連人間居住センター
こくれんにんげんきょじゅうセンター
United Nations Center for Human Settlements; UNCHS

1976年の国連人間居住会議 (バンクーバー) の勧告を受けて,人間居住問題に関する国連活動を実施するため,78年に設立された国際連合の一機関。 58ヵ国から成る人間居住委員会の行動計画に基づいて活動しており,居住条件悪化を食止めるための都市・地域開発計画は国家的計画と関連させなければならないとの認識のうえに,各国政府の計画への技術援助および専門家会議,訓練セミナーの開催などに重点をおいている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国連人間居住センターの関連キーワード国連人間環境会議人間環境宣言バンクーバー島国連人間居住会議HABITAT国連人権高等弁務官国連人間居住計画国連ハビタットバンクーバー交響楽団バンクーバーマラソン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone