コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連地球生きもの会議 コクレンチキュウイキモノカイギ

デジタル大辞泉の解説

こくれん‐ちきゅういきものかいぎ〔‐チキウいきものクワイギ〕【国連地球生きもの会議】

平成22年(2010)に名古屋市で開催された生物多様性条約第10回締約国会議COP10(コップテン))の通称。遺伝資源の利用と公正な利益配分について定めた名古屋議定書や、生物多様性保全の世界目標である愛知ターゲットを決議した。→生物多様性条約締約国会議COP

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国連地球生きもの会議

正式名称は「生物多様性条約第10回締約国会議」。関連会合を含めて10月11日~30日の間、名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)で開かれた。179の締約国、国際機関などから1万3千人が参加。約3千万種といわれる生物をめぐる課題を議論し、保全の世界目標「愛知ターゲット」と、医薬品などに使われる遺伝資源の利益分配のルール名古屋議定書」が採択された。

(2010-12-19 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

国連地球生きもの会議の関連キーワード愛知県の要覧秋田県の要覧岩手県の要覧愛媛県の要覧大阪府の要覧香川県の要覧京都府の要覧岐阜県の要覧群馬県の要覧高知県の要覧

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国連地球生きもの会議の関連情報