コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連外交 こくれんがいこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国連外交
こくれんがいこう

1956年 12月に国連への加盟が認められて以来,日本は国連中心主義,自由世界諸国との協調,アジアの一員としての立場の堅持の3つを外交の柱としてきた。日本の経済大国化に伴い,国連分担金も増え,94年にはアメリカに次いで第2位の 12.45%を占めているが,問題は,イラク制裁で明らかになったように,憲法上の制約から国連の平和維持活動に対する貢献への道が制約されている点であった。しかし 92年に成立した PKO協力法によりカンボジアへの自衛隊派遣,93年にはモザンビーク,94年にはルワンダへの自衛隊派遣が行なわれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国連外交の関連キーワードG. プラサ・L.アブドラ アブドラ国家安全保障戦略姜 錫柱プラサ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国連外交の関連情報