コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連通常兵器登録制度 こくれんつうじょうへいきとうろくせいど United Nations Register of Conventional Arms

2件 の用語解説(国連通常兵器登録制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国連通常兵器登録制度
こくれんつうじょうへいきとうろくせいど
United Nations Register of Conventional Arms

通常兵器の移転 (輸出入) を国際的監視下におき,軍備の公開性,透明性を高め,兵器取引の抑制をはかることを目的とする国連の制度。国連軍備登録制度ともいう。湾岸危機の一因がイラクに対する過度の兵器供給にあったとの教訓から,日本がヨーロッパ共同体 EC諸国などとともに提案した「軍備の透明性」決議に基づくもので,同決議は 1992年 12月に国連総会で採択された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

国連通常兵器登録制度

戦車、装甲戦闘車両、大口径火砲、戦闘用航空機、攻撃ヘリ、軍艦、ミサイルの7種の通常兵器の輸出入の数と相手国を、年1回国連に登録する制度。1991年日本と欧州共同体(EC)の共同提案による国連総会決議を受け、92年創設。武器輸出入及び軍備の透明化が目的。少なくとも160カ国以上が、1回は登録している。

(坂本義和 東京大学名誉教授 / 中村研一 北海道大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国連通常兵器登録制度の関連キーワード通常兵器安全保障貿易管理武器貿易条約国際監視制度CDI小型兵器特定通常兵器通常兵器及び関連汎用品・技術の輸出管理に関するワッセナー・アレンジメントワッセナー協定ワッセナー合意(The WassenaarArrangement)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone