コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国重政恒 くにしげ まさつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国重政恒 くにしげ-まさつね

1638-1711* 江戸時代前期の武士。
寛永15年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。2代藩主毛利綱広につかえる。藩祖毛利元就(もとなり)の事績を「温故私記」16巻にまとめ,杉岡就房(なりふさ)の戦記「吉田物語」とともに,毛利家の記録の双璧(そうへき)といわれた。宝永7年12月17日死去。73歳。通称は三郎兵衛。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

国重政恒の関連キーワード浮世草子真珠庵鷹筑波集ミニュイットガリレイ新科学対話ルイ(14世)松波勘十郎ジャンセニスム大老

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android