コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国長 くになが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国長 くになが

?-? 南北朝時代の刀工。
延文-永徳(1356-84)のころ美濃(みの)不破郡(ふわぐん)赤坂(岐阜県大垣市)にすみ,赤坂千手院派の祖といわれる。同地流罪となった大和千手院派の重弘(しげひろ)と同人とされる泉水の子ともいう。泉水を派祖とする説もある。同名の国長が数代つづいた。号は道印。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

国長の関連キーワード金春惣右衛門(3)高林 維兵衛甘露寺妍子長谷部信連南北朝時代神谷与平治佐野美術館成田重兵衛藤井小三郎長曽禰虎徹安居院庄七今泉 俊光近藤 準平霊雲院庭園多治見国長長島一揆河合曾良長船鍛冶質地騒動河原巻物

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国長の関連情報