コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永徳 エイトク

大辞林 第三版の解説

えいとく【永徳】

狩野かのう永徳

えいとく【永徳】

北朝の年号(1381.2.24~1384.2.27)。康暦の後、至徳の前。後円融・後小松天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

えいとく【永徳】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1381年から1384年まで、後円融(ごえんゆう)天皇、後小松(ごこまつ)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は康暦(こうりゃく)。次元号は至徳(しとく)。1381年(康暦3)2月24日改元。1381年は天命が改まる年(王朝が交代する革命の年)とされる辛酉(しんゆう)にあたり、この辛酉革命を理由として改元が行われた(革年改元)。永徳年間の南朝の天皇は長慶(ちょうけい)天皇、後亀山(ごかめやま)天皇。南朝は弘和(こうわ)(1381~1384年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利義満(あしかがよしみつ)(3代)。後小松天皇は1382年(永徳2/弘和2)、父の後円融(ごえんゆう)天皇の譲位を受け6歳で即位、後円融は上皇として院政を行った。この時期、足利幕府の朝廷への介入が激しくなり、後円融は将軍義満と対立した。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

永徳の関連キーワード長崎県佐世保市小佐々町田原岩手県胆沢郡金ケ崎町永栄岐阜県安八郡神戸町横井栃木県芳賀郡市貝町市塙聖助法親王(2)宮崎県串間市北方唐獅子図屏風洛中洛外図新葉和歌集三条西公時中井宗太郎北畠顕能神前松徳狩野高信後愚昧記方涯元圭俵屋宗達足利尊満狩野元信狩野常信

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永徳の関連情報