コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際マクロ経済学 こくさいマクロけいざいがくopen macroeconomics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際マクロ経済学
こくさいマクロけいざいがく
open macroeconomics

海外との経済関係を分析の対象に明示的に取入れ,これまでのマクロ経済理論を拡張してマクロ経済の動向やマクロ経済政策を開放体系で論じる経済学の一分野。オープン・マクロ経済学ともいう。おもに為替レートと国際収支の決定に関する問題が扱われる。国内の金融政策や財政政策は為替レートや金利を通じてその効果を国際的に波及させることになるが,通常の IS-LM分析を開放体系で論じたマンデル=フレミング・モデルはその基本的な形態といえる。国際マクロ経済学の研究は,現実の経済状況と密接に結びついて発展しており,プラザ合意以降の為替レートの急激な変化に対して,為替レートの安定化政策やターゲットゾーン制の経済効果の研究が脚光を浴びている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国際マクロ経済学の関連キーワードマンデル‐フレミングモデルR. ドーンブッシュ

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android