国際放送機構(読み)こくさいほうそうきこう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際放送機構
こくさいほうそうきこう
Organisation Internationale de Radiodiffusion et Tlvision

略称OIRT。ヨーロッパの社会主義諸国を中心とした国際放送組織。1946年に発足した当初はラジオのみであったためOIRと称していた。49年、本部がベルギーのブリュッセルからチェコスロバキアのプラハに移され、さらに59年OIRTと改称。目的は情報の交換と放送技術の研究などで、国際中継組織としてインタービジョンをもっていた。1993年、ヨーロッパ放送連合に吸収された。[田村穣生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の国際放送機構の言及

【放送局】より

…1950年2月発足。93年,東欧諸国を中心とする社会主義諸国の放送連合となっていたOIRT(国際放送機構)を吸収,現在ヨーロッパ唯一の放送連合である。目的は会員の利益保護,情報交換ほか。…

※「国際放送機構」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android