コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際油濁補償基金 こくさいゆだくほしょうききん International Oil Pollution Compensation Fund

1件 の用語解説(国際油濁補償基金の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいゆだくほしょうききん【国際油濁補償基金 International Oil Pollution Compensation Fund】

〈油濁損害の補償のための国際基金の設立に関する国際条約〉に基づいて1971年設立された基金。IOPCFと略称。船主の民事責任を超える損害について,油受取り荷主が拠出して油濁被害者に対する補償を行う。その根拠となる同条約は71年に採択され78年10月に発効。締約国数は64ヵ国。日本は76年7月に締約国となる。なお,76年に採択された改正議定書によって,補償金額の計算単位が金フラン建てからSDR建てに変更され,最大補償金額は6000万SDR(約102億円)となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国際油濁補償基金の関連キーワード賠償精神的損害年金基金IOPCF財形基金保険EAGF国際通貨基金(IMF:International Monetary Fund)損害補償損失引当金米軍関係の漁業補償の仕組み始期日

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone